チャリで来た!

探偵たいたんです

4590BFB5-B6B9-413D-84EC-20CDA41C77D4

 

探偵の調査で「立ち張り」というものがある

字の如く、立って張り込みするのだ

普段の張り込みは通常車で行う

 

車なら雨風しのげる

座ってた状況で長時間も張り込み可能

電源も取れる

と調査には必要なものだ

 

しかし対象者が徒歩であったり、自転車だったりすると

調査車両を捨てて尾行しなければないない時もある

複数調査員がいれば張り込み用の車両班

徒歩や自転車車の対応班と体制を組める

 

今日は現場にチャリで来て、車両班と合流した

マンションから対象者が出てくるのを確認するのだが

これが結構神経を使うのだ

 

対象者が必ず車両を使うような案件なら

車が停まっているかいないか?を確認すればよいケースが多い

見失ってもGPS発信器で居場所を特定することも可能だ

 

しかし、徒歩や自転車は建物の出入りを見誤ったり

初動でモタモタすると瞬く間に対象者を見失うことが多いのだ

素早く対応するには立ち張りして待機するのもよい

 

今日は12月だが日中はポカポカ陽気で

外で立って張り込みしていても眠気が襲う

昨日は遅くまでハイボール飲んでたからなー

 

現在、15時、朝の8時から張り込みしてるが

対象者は一向に出てこない

もう今日は出ないかなー?

今日も空振りかな?

 

探偵をやっていると

こう言った事には慣れてくる

自分ではどうすることもできない要因や

努力したけど結果が伴わない事に

気持ちを左右されなくなってくる

 

16時になると車両班が他の案件へ移動するので

僕ひとりがチャリと立ち張りで対応するのだ

どうせでないかと思うけど、

ひとりになる前にコンビニでウンコしてくるよ

 

と、コンビニのトイレに座る

 

程なくして、車両班から連絡がはいる

 

車両班「でた?」

まだ出てないよ、もうちょっと出そう

 

車両班「でた!でた!」

だからまだだって半分くらい出てきた

 

車両班「違うってだから対象者が自転車で出たよ」

そうなのか!僕のも今出たよ!

 

探偵をやっていると

こう言った事には慣れてくる

自分ではどうすることもできない要因や

努力したけど結果が伴わない事に

気持ちを左右されなくなってくる

 

とにかくどっちも出てよかったね

探偵は出たとこ勝負の仕事です