根拠ない自信と自信のない根拠

探偵たいたんです

32F346FD-4F8A-4030-AE9D-44CB41245F94

 

中小企業家同友会 中区北地区 森部グループ担当

9月例会にお越し頂き、誠にありがとうございました

 

例会の報告で自身の経営体験談を報告された

報告者のごとうさんが少し緊張した様子で

「森部さんって、いつも大丈夫、大丈夫、やれますよって、根拠のない自信があるけど、なんかそれ聞いてたら最初自信なかったけど、今はやれるような気がしてきたよ」

と例会の直前に僕に話し掛けてきた

ごとうさんは人前で話すのが苦手のようで

今回の報告も半ば無理やり僕のペースにはめられた感で報告をして頂くこととなった

(本当は僕が報告者になりたかったが)

 

どうしたら自信がつくのだろうか?

人は経験したことがないことに

不安を持つタイプと興味を持つタイプといると思う

 

では、どちらのタイプが自信があるように思えるのだろう?

 

経験したことがない出来事をクリアできるかどうかは別として

興味のある人の方が自信があるようにみえるだろう

 

しかし出来事をクリアできるかどうかは

自信とは別だ

その人の能力やスキルに関係してくる

 

なので興味がある人でも、不安がある人でも

できないものはできない

できるものはできるのだ

 

ならばどうすればいい

興味を持って素早く行動に移し

早く多く失敗して経験を積む

そうしたらできるようになりより自信がつくのだ

 

経験のないことに対して不安が先に出てしまい

やらない理由を知ろうとしない理由を探す

失敗しない人は

失敗しないようにビクついている為

自信がないようにみえる

 

そしてその自信がないのを隠すために

虚勢を張ったり、相手を攻撃しようとする

 

その自信のなさは見透かされてしまう

そこで見透かされまいと他人を気にする

 

これが自信がつかない負のスパイラル

 

自信をつけるには他人を気にせず

新しい物に興味を持ちチャレンジに集中する

そうすればチャンスをものにでき

より自信がつく

 

根拠の無い自信ではないんですよ

ごとうさんの報告が失敗しても

ごとうさんに学びがあるから

「大丈夫!大丈夫!」って言ってるだけです 笑

最初からパーフェクト目指すから

失敗した時に自信を失くす

人生のベースはトライ&エラー

 

報告が終わったごとうさんは

少し自信がついた様子でお酒を飲んでいた