奪えば奪うほど失う

探偵たいたんです

FF5396CE-6B35-4C90-8A55-19C3BF580844

 

夫は会社経営者、実は会社の女子社員と不倫関係にある

 

それを奥さんは気づき問いただすと

夫は「ちょっと考えたい… 別居して冷静になるよ…」と別居が始まる

しかも、奥さんに伝えた引越し先とは別のマンションで暮らし始めていた

 

夫は事業も人間関係も計算高く奪っていくタイプなので

奥さんも色々と先手を打って、すぐに探偵に依頼した

 

ふたりの行動を調査すると

普段は同じ会社でも行動は別々

夫が別居マンションに戻る

それから1時間後、女がパジャマ姿で訪問する

女は部屋の合鍵は渡されていないようで

 

深夜にパジャマ姿でエントランスのインターフォンを押し

部屋も中から鍵を開けてもらいはいり

次の日の朝は、男の家から出た「燃えるゴミ袋」を持ち帰る

 

この従業員の女も

自分が社長夫人の座を奪えると必死なんだろう

夫もこの従業員の女をモノにしようと

色々といい事言って手篭めにしたのだろう

 

女もそんな奪う体質の社長に気にいられようと

あまり要求しない、聞き分けのいい女を演じながら

他に新しい女が出来ないように

社長が帰宅する連絡を待ち

社長がシャワーが終わるタイミングを見計らって訪問し

朝、スッピン、パジャマで出てきて

女は自宅に帰り、化粧をして、会社へ出勤する

社長夫人の座を虎視眈々と奪おうと必死だ

 

しかし、よくよく見るとその従業員の女の生活ってどうだろう?

仕事が終わったら自宅で待機

お風呂に入っておいてすぐ社長とSEXできるようにスタンバイ

社長のマンションには自由に入らせてもらえない

きっと社長の浴室には彼女のシャンプーなどは置かれていないんだろう

社長の家には、女の化粧する場所も、自分の服を置くところもない

 

朝方疲れきった顔で出てきた女は

見るもの無残にホンモンのバランスが崩れ

調査資料の写真の可愛らしい顔もスタイルも

今は見る影もなかった

 

奥さんの座を奪おうとすればするほど

社長に愛されたいと欲すれば欲するほど

彼女の心も身体も失われていくのだ

 

そして、奥さんの人生を奪い

従業員の彼女の人生を奪い

また違う人の人生を奪おうかと考えている社長が

14時頃にパンパンに膨れあがったお腹をさすりながら

のうのうとした態度で高級車に乗って自宅マンションを出て行った