カテゴリー別アーカイブ: コラム

浮気や不倫をされやすい人の特徴とは〜女性編 その4〜

前回は浮気や不倫をされやすい女性の特徴として優しすぎるということをお伝え致しました。

あまりにも相手に対して気を遣いすぎて連絡を取らなかったり、質問をしないでいると相手は「自分に興味がないのかな」と思ってしまい、かえって浮気をしてしまうのでしたね。今回で女性編最後となります。よろしくお願い致します。
・恥じらいがない女性
長い間一緒にいると付き合いたての頃のように会うだけでドキドキしたり、ワクワクするといった新鮮さを感じることは少なくなってくるかと思います。

緊張することなく自然体で接することができるのは良いことですが、あまりにもリラックスしすぎると次第に化粧をしなくなったり、毎回同じ服装をしてきたりとせっかくの二人の時間にも関わらず、適当な格好になってしまう女性もいます。

毎回おしゃれをするのは大変かと思いますが、あまりにも手抜きの格好をしてしまうと「恥じらいがない人だな」「自分はどうでも良い存在なのかな」と思われてしまいます。

そのような状態になってしまうと、男性は彼女のことを「女」として認識しなくなり、より魅力的な女性に出会うと刺激を求めて浮気や不倫を行なってしまうのです。

リラックスできる関係は素晴らしいですが、たまには付き合いたてのカップルの頃を思い出して接するようにしましょう。
いかがでしたか?中には当てはまるといった項目もあったのではないでしょうか。次回からは男性の特徴について解説していきたいと思います

浮気や不倫をされやすい人の特徴とは〜女性編 その3〜

前回は重すぎる女性は浮気や不倫をされやすいということについて解説しました。相手のことが好きなあまり、相手の行動が気になるのは仕方ないですが、時には相手を信頼することも必要でしたね。今回も不貞行為がされやすい女性の特徴についてご紹介していきたいと思います。

・優しすぎる女性
前回の重すぎる女性と逆で優しすぎる女性は相手の邪魔をしてはいけないと思って頻繁に連絡をとるといったような束縛はしません。帰りが遅く心配になったとしても「まだ仕事をしていたら迷惑だな」と考えてしまい、メールや電話をしないようにしているのです。

女性側からしてみれば相手のことを思って連絡しなかったり、質問しないようにしているのに、男性側からしてみれば、「自分に興味がないのかな」と考えてしまい、自分のことをもっと愛してくれていると感じる女性と浮気や不倫を行なってしまうのです。

せっかくの好意も伝わらないともったいないですよ。時にはしっかりと愛情を表現したり、気持ちを伝えることも大切です。

また、その優しさにつけ込んで何をしても許してもらえると考え不貞行為に走る男性もいます。そのような男性は何回も浮気や不倫を繰り返してしまう可能性があります。何回注意しても改善しない場合は別れることも考えたほうが良いかもしれません。

次回で浮気や不倫をされやすい女性の特性については最後になります。よろしくおねがいします。

浮気や不倫をされやすい人の特徴とは〜女性編 その2〜

前回から浮気や不倫をされやすい女性の特徴について解説させていただいております。母性が強すぎる人や相手に尽くしすぎる人はかえって浮気や不倫をされやすいのでしたね。今回も引き続きご紹介していきたいと思います。

・重すぎる女性
前回の「尽くしすぎる女性」と少し似ておりますが、重すぎる女性も相手に浮気や不倫をされやすくなっております。重すぎる女性は相手のことが好きすぎるあまり、相手がどこにいるのか、何をしているのか、誰といるのか常に気になって仕方ありません。

何かあるたびに逐一質問したり、メールや電話をしたり、時には相手のスマホの中身を見ようとしてしまいます。

自分が知らないところで相手が何をしているのか気になってしまったり、不安になるのは仕方ありませんが、あまりにも度が過ぎると相手側は窮屈になってしまいだんだんと女性に対して嫌悪感を抱いてしまうかもしれません。

また、自分は「彼女から信頼されていないんだ」と相手を傷つけることもあります。そういった重すぎる女性につい嫌気がさしてしまい、違う女性と不貞行為を行ってしまうのです。

人間は禁止されればされるほどかえって行動に移してしまう傾向にあります。相手を好きな気持ちは大変大事ですが、時には相手を信頼することも大切ですよ。

浮気や不倫をされやすい人の特徴とは〜女性編〜

以前、不倫しやすい人の特徴についてご紹介したかと思います。性格や見た目、職業など様々な視点から解説しました。

気になる方はぜひ一度チェックしてみてください。さて今回からは浮気などの不貞行為をする側ではなく、される側の特徴について解説していきたいと思います。まずは不貞行為をされやすい女性の特徴についてです。

・尽くしすぎる女性
部屋の掃除や身支度など些細なことでも手伝ってくれる面倒見の良い女性は好印象だと思います。彼氏や旦那のために料理や洗濯などの家事を頑張ってくれている女性は努力家で母性が優れている魅力的な女性ですよね。

しかし、女性からしてみれば大変迷惑な話ですが、母性が強すぎたり、何でもかんでも尽くしてくれる女性は浮気や不倫の被害に遭いやすいのです。

男性も自分一人で行いたいことや、今からやろうとしたことに対して口出しされてしまうと、どうしても疎ましく思ってしまいます。

また男性は女性から「頼られたい」と思う方も多く、面倒見が良い尽くしてくれる女性の前では自分の存在感が希薄になったり、自尊心を保つことができずに不満を感じることもあります。そのような状態の時に自分を頼ってくれる女性と出会ってしまい不貞行為をしてしまうのです。

相手のことを思って行動されている方がほとんどだと思いますが、浮気や不倫を防ぐためにも、たまには相手を頼るようにすると良い関係を築けるようになりますよ。

再婚禁止期間があるのをご存知ですか?

みなさん、離婚してから再び結婚するまでの間に一定の期間あけなくてはならないことを知っていますか。パートナーの浮気や性格の不一致で離婚してしまった方の中には、新たに次の恋をスタートさせたいと考えている方もおられるかと思います。今回はそんな方のために、再婚禁止期間についての概要をご紹介していきたいと思います。

・再婚禁止期間とは
再婚禁止期間とはその名の通り、その期間内は再婚をしてはいけないという期間です。以前は再婚禁止期間は6ヶ月でしたが、2016年から100日間に改正されました。またこの再婚禁止期間ですが男性には適応されておらず、女性のみ規制されています。

・規制する理由
女性にだけ再婚禁止期間を設ける理由としては、「嫡出推定」という制度が関係しております。嫡出推定とは生まれてる子供の親が誰なのか特定するための制度です。100日以内に結婚してしまいその後出産してしまうと現在の夫か前の夫、どちらが生まれてくる子供の父親か判断がつかない場合もあるため、再婚禁止期間を設けているのです。

いかがだったでしょうか?離婚したことがショックでなかなか気持ちの切り替えを行えない方もおられる中で、幸せになるため次の恋をスタートさせることは大変素晴らしいことです。しかし、再婚禁止期間を守らないと新たに生まれてくる子供が不幸になるかもしれません。離婚後100日間は再婚しないようにしましょう。

パートナーの浮気を許すコツについて その2

前回からパートナーの浮気を許すコツについて解説しております。相手のことを許したいならまずは冷静になり、自分にも非がないか考えるようにするのが良いのでしたね。今回も引き続き許すコツについて解説していきたいと思います。

・ポジティブに考える
浮気をされたことをポジティブに考えることは難しいかと思いますがネガティブに考えてしまうと、どんどん関係を悪化させてしまい自分を追い込んでしまうことにもつながります。できるだけポジティブに考えるようにしましょう。

例えば浮気を許すことで「パートナーより立場が上になる」というような考えをすることができます。相手側も許して欲しい、別れたくないと考えているのなら一度失った信頼を取り戻すため、必死になるでしょう。

弱みを握ると言えば聞こえは悪いですが、今後自分が優位に立てるのであれば、許してあげるのも悪くないと思えるのではないでしょうか。またパートナーが浮気相手のことを本気で好きになる前に発覚してよかったと思うこともできます。

現在、「パートナーの浮気を許したい」と思っておられるということは、まだ別れていないということだと思います。「パートナーが浮気相手のことを本気で好きになり、別れを切り出されるよりもマシか…」と思うことでまだ許すことができるのではないでしょうか。

なんであれ浮気された直後は辛いかと思います。どうしても一人で気持ちの整理がつかない場合は友人に相談するか、探偵事務所に相談してみてはいかがでしょうか。弊社も全力でサポート致します。

パートナーの浮気を許すコツについて

探偵の調査などで残念ながら彼女や旦那の浮気が発覚してしまった方もおられるかと思います。中には我慢できずに別れてしまうケースもありますが、できることなら今回は許してあげて関係を続けていきたいと考えておられる方も多いかと思います。しかし、なかなか自分の気持ちを鎮めることは難しいですよね。そこで今回はパートナーの浮気を許すコツについて解説していきたいと思います。

・冷静になる
相手を許すコツとしてまず大事なことは冷静になることです。浮気された直後は怒りのあまりつい感情的になってしまい、相手にきつく当たってしまったり、泣いてしまう事もあるかと思います。ある程度相手に感情をぶつけることができたら、一度冷静になる努力をしましょう。一度冷静になることで気持ちを整理したり、パートナーの浮気の原因を考えることができます。原因がわかれば再発の防止策を考える事もできますよ。

・自分にも非がないか考える
浮気は行為を行なった本人だけが悪いとは限りません。時にはパートナーからの愛情表現が全然なかったり、逆に束縛されすぎていることが原因で浮気を行なってしまう方もおられます。原因や対策を考える際は自分にも非がないか考えるようにしましょう。相手と冷静に話せる状態であるなら、パートナーと話し合うのも良いですよ

いかがでしたか?次回も浮気を許すコツについて解説していきたいと思います。

離婚を決意する原因とは? その4

前回はパートナーの不貞行為が原因で離婚につながってしまうことに関してご紹介しました。まだご覧になられていない方は是非チェックしてみてください。さてこれまで3回にわたりご紹介してきました離婚を決意する原因についてですが4回目となる今回で最後となります。よろしくお願いいたします。

・モラルハラスメント
みなさんモラルハラスメントという言葉を耳にしたことはございますか?モラルハラスメントとは継続的に相手の性格に関する暴言を吐いたり、プライドを傷つけるような態度をとることで、相手を精神的に追い詰めることを言います。例えばパートナーの行動や考えを全て否定したり、無視をしたり、相手のことを見下すといったことが挙げられます。結婚生活は楽しいことだけでなく、辛いこと、苦しいこともたくさんあります。そんな時、支えになるパートナーから逆に自分を傷つけるようなことをされると離婚してしまうのも無理ありません。

・DV
精神的に追い詰めるだけでなく、相手に暴力を振るってしまう人もいます。いわゆるDVです。モラルハラスメントもDVもそうですが付き合う前や結婚する前は優しかったのに急に態度が変わってしまうため事前にそのような性格であるということに気づかないことが多いです。DVはひどい場合には傷が残ったり、命の危険にもつながる大変許しがたい行為です。万が一パートナーからそのような行為を受けているのであれば、すぐに友人や警察などに相談するようにしましょう。

いかがでしたか?これまで4回にわたり離婚の原因について解説してきました。中には現在の自分と同じ状況だという方もおられるのではないでしょうか。結婚生活が順調でない方は一人で悩まず誰かに相談するようにしてください。弊社も何か協力できることがございましたら、全力でサポート致します。

離婚を決意する原因とは? その3

前回は経済的問題が原因で離婚につながると言うことを解説しました。お金が全てではないにしろ生活をしていく上では大変重要なものですよね。今回も離婚を決意する原因についてご紹介していきたいと思います。

・異性問題
近年SNSの普及や女性の社会進出などが影響して不倫や浮気といった不貞行為を行ってしまう方が増加しております。歌手やタレント、元アイドルなど芸能界でも不倫が増えており、ドラマでもそういった題材をテーマにしているものが話題になることがあります。

結婚したとはいえ、人間は感情的な生き物ですので、ちょっとした気の緩みや、日頃のストレス、夫婦生活のマンネリ化などから刺激を求めて不貞行為に走ってしまうのもわからなくもありません。

「相手も反省しているし、一度ぐらいならいいかな」と許してもらえる場合もありますが、やはりされた側としては裏切られた気分ですよね。

その時には渋々許したとしてもその後、生活していくうちにやはり怒りが収まらなかったり、相手のことを信頼することができないようになり離婚につながることもあります。

中には、一度許してもらったことで味をしめ、何回も不貞行為に走る人もいますが、そのような場合は離婚した方が良いでしょう。

もしパートナーの言動が怪しいと思われている方は、ぜひご気軽にご相談くださいませ。

離婚を決意する原因とは? その2

前回から離婚を決意する原因についてご紹介しております。前回は離婚の原因の中でも一番多いとされている性格の不一致について解説しました。気になる方はぜひご覧になってください。今回も引き続き離婚を決意する原因について解説していきたいと思います。

・経済的問題
「金の切れ目が縁の切れ目」と言うように経済的問題が原因で離婚につながることも多いです。例えば、男性側が全く生活費を家に入れてくれないといった時は女性側が我慢しきれず離婚を決意してしまいます。最近は女性の社会進出も活発になり、共働きのご家庭も多いかと思います。

離婚して独身になったとしても生活することができる状態なら、家族のために働いてくれない人と一緒に暮らす必要もありませんよね。また性別に関係ない原因として金遣いが荒いことが挙げられます。

パチンコや競馬といったギャンブルやブランド品の購入、趣味に関する出費など使い道は様々ですが、将来の生活に向けた貯金も行わず、稼いだお金を次々と使ってしまうパートナーではこの先不安ですよね。

自分達が稼いだ範囲内で済むのならまだ良いかもしれませんが、友人や金融機関、ヤミ金などに借金をするようになってしまったら、離婚を決意しても仕方ありません。

パートナーのお金遣いに関して悩まれている方は一度友人や親に相談した方が良いでしょう。